最適な選択肢を提案するライフブログ

アレティのヘアアイロンを2年使っているので使用感をレビューする。【メンズのための15mmストレートヘアアイロン】

こんにちは、アズキです。

メンズのみなさん、髪をセットするときにヘアアイロンは使っていますか?

男のかっこいい髪型は、ボリュームを出すべき部分と減らすべき部分があるのでアイロンは必須です。メンズのヘアセットはこのエントリの趣旨ではないので割愛しますが、三科光平さんや髪西さんのYouTubeがおすすめです。

さて、今回は僕が2年間愛用しているアレティのストレートヘアアイロンをレビューします。ヘアアイロンの命である「プレートの滑り」がほんとに良いです。

2年前、アドストやワンダムではなくアレティを選んだ理由

2年前、メンズのストレートヘアアイロンについて調べたところ、有名どころはアドスト、ワンダム、アレティの3種類でした。この中から僕はアレティを選びました。

プレート幅が15 mmと細い

僕はショートヘアなので、プレート幅が狭いメンズ用の15 mmを選択しました。

幅が広いプレートだと、耳まわりなど短い部分の髪をつかみにくくなってしまいます。

トップにボリュームを出すために手首をひねるといったような、細かい動きができるようにメンズのヘアアイロンは細めが望ましいです。

比較的安い

当時のアドストは2万円くらいでワンダムは8,000円くらい、アレティは6,000円くらいだったと思います。

さすがに2万円は高いと思ったので、金銭面を考慮するとワンダムかアレティだなって感じでした。

温度が5℃刻みのデジタル表示

アレティの推しポイントは、温度がデジタル表示なところです。プレートの温度がリアルタイムでデジタル表示されます。これが分かりやすい。

温度は5℃刻みで設定でき、最高200℃まで上げられます。

安いヘアアイロンは「安物買いの銭失い」かも…

実はヘアアイロンはアレティ製が初めてではありません。高校生のときに3,000円くらいのヘアアイロンを買ったことがあります。でもプレートの滑りが悪く、とても扱えるものではありませんでした。即お蔵入り。

僕は素直(?)だったので思いました。

「ああ、僕にはヘアアイロンのスキルがないから上手くいかないんだな」と。

でもそれは間違いでした。アレティ製を買ったことで、上手くいかないのはクオリティーが低いアイロンのせいだったことに気づきます。安物買いの銭失いとはこのことです。

いくら辛口な僕でも、そのときの3,000円のヘアアイロンのメーカー名は言いませんよ、さすがにね?言いませんよ。

 

パナソニック製だったとはね。

 

パナソニックが悪いと言いたいわけではありません。ドライヤーには大満足しています。

安いものにクオリティーを求めるのは酷だろうということです。

【パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA99】圧倒的風力!ちょっと高いけど人気のドライヤーを購入レビュー。

愛用中のアレティのスリムヘアアイロン628のレビュー

滑りがよいセラミックコーティングプレート

ヘアアイロンで1番大切なのは「プレートの滑り」だと思います。髪を挟んで滑らせようとしてひっかかるのではどうしようもないので。髪も痛みますし。

アレティのヘアアイロンは滑りがほんとによくて、初めて使ったときは感動しました。3,000円のものとは大違い。

2年使っているので、こんな感じで外側がきつね色に焦げています。

プレート部分の塗装は剥げておらず、髪にコゲが付くこともないので普通に使えていますが。

逆に2年使って不具合が出ないのがすごい。やっぱりいいものを長く使いたいですよね。

デフォルト170℃まで15秒

プラグをコンセントに挿すとこんな感じでOFFと表示されます。

「+」長押しで電源ONすると、デフォルトで170℃まで温度が上がっていきます。測ってみたら15秒で170℃に到達しました。正確に言うと、デジタル表示が170℃になりました。

研究者の僕としては、本当にデジタル表示が正しいのか別の温度測定器を使って確かめたいところですが…使っていて温度が低いと感じたことはないので、よしとしましょう笑

電源を付けてから、使える温度になったのか一目瞭然なのはありがたいです。

朝、秒を競うように急いでいるときでもすぐに温度が上がってくれるので◎

その他の細かい特徴

15分無操作で自動電源OFF・・・安全性が高いです。でも、アイロンの練習をしているといつの間にか15分たっていて切れていることも。まあ、15秒で使えるのであまり気になりませんが。

100V-240V海外でも使える・・・頻繁に海外に行く人にとってありがたいですね。

電源コードが360度回転・・・絡まらないので使いやすいです。

新モデルのアレティ製品について

アレティのヘアアイロンを紹介してきましたが、僕が持っている旧モデル、628という型番は残念なことに現在生産終了しています。

今使っているのが壊れたらアレティをリピートするつもりなのですが、調べてみるとアレティの15 mmヘアアイロンに種類があり、違いが分かりにくいのでまとめておきます。

15 mmのスリムヘアアイロンは3種類

  1. i628BK (黒×銀)
  2. i628BL (白×青)
  3. i628PCPH-WH(白×白) と i628PCPH-IDG (紫×白)

Amazonでは①と②が色違いのように表示されていますが、まったく別の製品です。

3つの違いはプレートのコーティングとクッションがあるかどうか

価格の順に質が良くなっていきます。

①はチタニウムコーティングプレート。一般にはセラミックよりもチタニウムのほうが摩擦が小さいと言われています。しかしAmazonの「カスタマー Q&A」で見つけた出品者アレティの回答、つまり公式の回答で、セラミックコーティングプレートのほうが上質だと書いてあり、②のほうが上位モデルです。だから価格も1,000円ほど高いのでしょう。クッションプレートはありません。

Areti(アレティ) ストレート カール ヘアアイロン i628BK (ブラック)
Areti(アレティ) ヘアー & ビューティー

 

②はセラミックコーティングプレート。上述したとおり、①i628BK (黒×銀)と②i628BL (白×青)は色違いではなく、プレートが違います。クッションプレートはありません。

 

③はプレートが「100%ピュアセラミック」というコーティングです。公式サイトによれば、②のセラミックコーティングプレートよりも上質なようです。クッションプレートありです。

僕が持っている旧モデル628に対応するのは②のi628BL (白×青)

旧モデル628はプレートがセラミックコーティングです。ですので今度アレティを買うときは、同じセラミックコーティングの②を買おうと考えています。やはり、プレートの滑りやすさというのは重視するべきだと考えているので。

さすがに倍の値段は高いかな…と思ってしまうので今のところ③は見送りです。

コームとダッカールがあったほうがいい

メンズのヘアセットにおすすめのコーム

髪に均一に熱を伝えるために、アイロンの前にコーム(くし)でとかさなくてはいけません。

コームの歯とは反対側の「柄」の部分が細長くなっていることがポイント。柄の部分は毛束を散らすときに使います。イメージはこんな感じのコームです↓。

僕は無印良品のコームを使っています。折り畳めるし、歯も細かいのでおすすめです。200円くらいです。

無印良品 携帯用折りたたみヘアコーム

メンズのヘアセットにおすすめのダッカール

全体をアイロンしてしまうと不自然にストレートになってしまったり、量が多いせいで均一にアイロンできません。

上と下のレイヤーを分けてアイロンすることで均一にアイロンでき、自然な仕上がりになります。

僕も時間がないときはダッカールを使わずにアイロンしてしまうんですが、やっぱり分けてアイロンしたほうがきれいにできます。

便利グッズ:ヘアーアイロン置き

これ、めっちゃ重宝しています。

ヘアアイロンって高温になるので、ヘアセット中は気軽にそこら辺に置くことができません。焦げちゃいます。

アイロンが熱いあいだは、ここに置いておけばいいわけです。

シリコン製で耐熱になっていて、置くところが軽く湾曲しているのでズレ落ちることもなかったです。おすすめ。

ゆるふわなまとめ

男子のワックスの使用率は高いけど、ヘアアイロンの使用率は低いのではないでしょうか。

モテる男の必要条件は「清潔感」です。

外見は大切ですよね。外見磨いて周りと”差”をつけましょ。

おわり

Areti(アレティ) ストレート カール ヘアアイロン i628BK (ブラック)
Areti(アレティ) ヘアー & ビューティー