最適な選択肢を提案するライフブログ

【ウルトラワイド34UM59-P】34インチLGのモニターを購入レビュー。

こんにちは、アズキです。

先日のデスクトップPCの購入にともない、PC用モニターを買いました。

【HDDからSSDへ完全移行】ツクモのBTOパソコンを購入レビュー(注文編)

今まではノートPC付属の小さいモニターでした。

デスクトップPCは、モニターを自由に選べる点もいいですね。別の言い方をすると、別個で買う必要がありますけど。

今回買ったのは、LGのウルトラワイドモニター(34インチ)です。ちゃんとHDMIケーブルが1本付属していました。

LGのウルトラワイドを選んだ理由

付属ソフトで画面を多彩に分割できる

このモニターには画面設定を変更できるソフトがついています。CDが裸で入っているので、開封時は少し驚くかもしれません笑

こんな感じで等分以外にも選べます。かなり選択肢は多いです。僕はいつも2等分に設定しています。

また、明るさやコントラストも変更できます。

IPSかつ非光沢だからきれい

今回のディスプレイはIPS方式です。

ディスプレイの種類について、少し図を使って説明します。

ディスプレイの種類は、有機ELかTFT液晶か大きく2種類あります。

有機ELはきれいな代わりに価格が高いです。じゃあお金があれば有機ELがベスト、というわけではありません。厄介な特性として「焼きつき」があるからです。同じ画像を表示していると、色に不具合が生じてしまうおそれがあります。

ですので、有機ELは同じ画面を表示し続けるようなPC用ディスプレイとしては不向きだと言えます。

一方、TFT液晶の中にはさらに3種類あり、それらはTN方式、VA方式、IPS方式と呼ばれます。

3種類の中ではIPS方式が最もきれいですが、価格が最も高いです。

一方、TN方式は安価で比較的きれいではありませんが、応答速度が速いです。このメリットを活かして、スポーツ観戦やゲーミングとして利用されています。

僕はゲームをしないので、画面のきれいさ重視でIPS方式を選びました。

光沢 or 非光沢は好みによります。僕は映り込みが少なく、チカチカしにくい非光沢を選びました。

画面が大きい

ウルトラワイド34インチは、27インチ2枚分です。ちなみにウルトラワイド29インチは、23インチ2枚分です。

さきほど画面を分割できると言いましたが、もちろん広々1画面で使うこともできます。

僕が画面が大きいモニターを選んだ理由の1つは、タブを切り替える必要がなくなるという作業効率アップです。

Excelとブラウザを並べて表示させることもでき、マルチタスクが捗ります。

なんか見ためがかっこいいという、なにか憧れのようなものも理由のひとつですが笑

今回買ったLGのウルトラワイドモニターには、もうひと回り小さい29インチもあります。34インチにすると価格も高くなりますし、正直かなり悩みましたが…どうせなら!と勢いで最大サイズの34インチをポチりました。

29インチを選んで「もう少し大きくても良かったな…」と後悔はしたくなかったんですよね。今は後悔どころか、34インチを選んで良かったと心から思っています。

ベゼルがせまい

デュアルディスプレイ環境にしている人も多いですが、それだとどうしても真ん中に枠(ベゼル)が生まれてしまいます。

ベゼルに関して実際に測ってみました。左が上部で、右がサイド部分です。どちらも1cmほどで、とても薄くていい感じです。

VESA規格に対応

このウルトラワイドモニターはVESA規格に対応しています。

僕はモニターアームを使いたかったので、VESA規格対応は必須条件でした。

自分の見やすい角度・高さに変更するために、モニターアームはマストアイテムでしょう。

モニターの下スペースを有効活用できることも、大きな利点です。

ゲームにおいて有利

ウルトラワイドモニターは、ゲームをする人にとってもメリットがあります。

というのも、フルHDでは見えない範囲まで表示できるので、ターゲットを発見しやすく、ゲーム展開を優位にすすめることができるようです。

ゲーム名でいうと、PUBGとかCODってやつですかね。

使ってみての感想

まず画面がとてもきれいです。画面の明るさやコントラストはデフォルトで使っていて、設定を変更する必要はなかったです。

地味に嬉しいポイントだったのが、電源がモニターの裏ではなく下側面にあることです。電源のオンオフを手元でストレスなく行えます。

画面分割ソフトがPCと同時に起動してくれるので、毎回設定をいじる必要もなかったです。

イヤホンジャックはありますが、スピーカーがない点は要注意です。僕はBluetoothのUSBアダプタを使って、PCとスピーカーをつないでいます。

おすすめのスピーカーは先日買ったソニーのSRS-XB21です。

【予算1万円で買えるスピーカー】ソニーのSRS-XB21を購入レビュー。

ゆるふわなまとめ

大きい画面1枚のシングルモニター環境だと、モニター1枚分のコンセントやコードで済むので、ごちゃごちゃしないことも嬉しいポイント。

LGという外国産という不安はありましたが、今のところは気になる点もなく大満足しています。

やはり画面の大きさは正義でした。

おわり