最適な選択肢を提案するライフブログ

【つけ心地最高】ヘッドホンを初めて使う僕がソニーのWH-1000XM4を購入レビューする。

こんにちは、アズキです。

僕はこれまで音楽を聴くときはイヤホンで聴いていました。ヘッドホンは持ち運びにかさばるので、移動時間に音楽を聴くことが多い僕にとって合わないと考えていたからです。

でも2020年の秋、ヘッドホン界で絶大な人気を誇っていたWH-1000XM3から2年ぶりにリニューアルされてWH-1000XM4が発売されると知り、気になって買っちゃいました。

購入したのは9月なので4ヶ月使用レビューですね。下書きの状態からブログとしてアップロードするのになぜか腰が重くて長期使用レビューになるのはあるあるだと思います…

ヘッドホンを初めて買った僕がレビューします。

実際に使ってみた感想

なんといっても「つけ心地」がいい

イヤホンと違ってヘッドホンって耳が押さえつけられるので、長時間つけてると痛くなるんじゃないかと思っていました。

ですが、WH-1000XM4はそんなことはなく、ちょうどいい感じで耳を押さえてくれるので嫌な圧迫感が全然ありませんでした。

イヤパッドが軽くてクルクル回るので顔にフィットしてくれるんですよね。左回転方向には180度回りますし、逆方向にも下の写真くらい回転の余地があります。

ヘッドホン自体も想像より軽く、頭が痛くなることはありませんでした。

また、眼鏡かけててても問題なく装着でき、眼鏡に負荷がかかることもありませんでした。

イヤーパッドの低反発感が絶妙なんですよね。

耳あての部分がパカパカ動くようになっています。

 

充電はUSB Type-Cです。キャップがなく差すだけで済むのでストレスフリーです。

ただですね、ヘッドホンなので髪に跡がどうしてもついてしまいます、これはヘッドホンである以上は仕方がありませんが…

ヘアセットしたときにヘッドホンはつけたくないので、ネックバンドタイプのWI-1000XM2のほうを使っています。

ネックバンド型ソニーのWI-1000XM2を購入レビュー【ノイズキャンセリング&高音質】

ノイズキャンセリング機能

まわりの騒音を消してくれるノイズキャンセリング機能ですが、たくさんの方もレビューしているように効果はめちゃくちゃあります。ソニーのノイズキャンセリング機能は電車や街中で音楽を聴くことが多い僕にとっては必須機能。だからこそWI-1000XM2のイヤホンとヘッドホンどっちもソニーなわけです。

まだ1回もソニーのノイズキャンセリング機能を体感したことがない方はお店で試聴してみることをオススメします。お店は騒音だらけなので音質を比較することは難しいですが、ノイズキャンセリング機能を体感するにはもってこいです。

曲送りや音量調節の操作性

右側がタッチセンサーがついていて、曲送りや再生を右手で耳あて部分をなぞることで操作できます。

レスポンスもすぐに反応してくれるのでストレスなく操作できます。

スピーク・トゥ・チャット機能って使う?

自分が声を発すると曲が一時停止されるスピーク・トゥ・チャット機能を少し使ってみたのですが、独り言で反応するので僕はオフにしています笑

小声でも認識してくれるので、機能としてはちゃんと使えますね。まあ、ヘッドホンしながら人と会話するってマナー的にどうなの?とは思ってしまう派ですけど。

他にも「外音取り込みモード」や「クイックアテンションモード」がありますが、この機能いらなくね?と思う機能をちゃんとOFFに設定できるのでありがたいです。

僕はスマート性能のなかで「装着検出機能」をONにして使っています。

店員さんとお会計で会話するためにヘッドホンを外したら自動で曲が停止され、着けたら自動で曲が再開されます。曲を一時停止する必要がありません。

WH-1000XM3との大きな違い

aptX、aptX HDに対応していない

装着検出機能やマルチポイント接続対応はWH-1000XM4から搭載でパワーアップした点なのですが、削除された機能もあります。

Bluetoothのコーデックにおいて、aptX、aptX HDが非対応になりました。

PCの音源をLDACで聴ける環境にしている方は少ないと思うので、SBCでしか聴けないのは完全にマイナスポイントだと思います。

iPhoneであればACC、AndroidであればLDACが対応していると思うので、手持ちデバイスとWH-1000XM4を接続する人にとっては関係ないかなとは思いますが。

僕は興味本位というかロマン?でPCの音源をLDACで聴けるように、LDAC対応のトランスミッターであるFiiOのFIO-BTA30を買いました。

【LDAC対応のトランスミッター】FiiOのFIO-BTA30を購入レビュー

安くはないですが、部屋をまたいでもBluetoothが途切れることがなくなったので、ヘッドホンつけながらキッチンやお手洗いに行くと接続が不安定になって困っている方にはオススメです。

ヘッドホンフックはいいぞ

ヘッドホンって置き場所に困ると思います。平置きするとけっこうスペースが必要になりますよね。

ってことで僕はヘッドホンフックを買いました。

WH-1000XM2も持っているので、同じところにかけています。

デスクの脇ってだいたい空いているので、スペースを有効活用できます。

ヘッドホンフックにかけておけば、デスクのスペースを取ることもないし、耳の部分にホコリがたまることもないのでオススメです。

ゆるふわなまとめ

ヘッドホンのつけ心地がこんなに違和感がないものだとは思っていませんでした。長時間音楽を聴き続ける人にもWH-1000XM4はオススメできます。

僕が買ったときよりも価格が落ちてきているので、今が狙い目かもしれません。

おわり