最適な選択肢を提案するライフブログ

Un coeur/アンクールのリュック。別注 TORO Ⅱを購入レビュー【シンプルなデザインなのにポケットが充実】

こんにちは、アズキです。

僕はストリート系のリュックは持っていたんですが、スーツに合わせられるようなものではありませんでした。

今までの出張では駅のロッカーやホテルに荷物を預け、リュックの存在を消してから訪問先に伺っていました。後で回収しないといけないので、ふつうに面倒でした笑

さすがにそろそろ「出張でも使えるシンプルなリュックがほしいなー」と探して見つけたリュックが、ビジネスでもプライベートでも使えるとてもよいものだったので紹介します。

今回紹介するのはNOLLEY’S/ノーリーズ別注の「Un coeur TORO Ⅱ BACKPACK」です。

Un coeur (アンクール)は日本のブランド

僕は写真で見かけたのがきっかけでUn coeurを知りました。

名前の響きから海外のブランドかと思いましたが、調べてみると日本のブランド。オシャレな名前ですよね。

とても素敵なブランドコンセプトで、シンプルを推しているようです。

Un coeurとはフランス語で「最初の、一番の」を意味する[Un]、「心、気持ち」を意味する[coeur]を合わせて、最初の気持ちという意味を表した造語です。

多くの人が物を選ぶとき、その物に対して愛着や期待感を抱くと思います。その愛着や期待感を抱いたときの気持ちを忘れないでいて欲しいという願いを込めて作られたブランドネームです。

シンプルな形にこだわりながら、どこかにその時々の流行も取り入れ、いつ持っていても新しさを感じさせる物造り、そして機能性・使いやすさにもこだわり、少しでも長く使っていただけるBAGになれることを目指しています。

Un coeur brand concept

Un coeur TORO Ⅱを選んだ理由

シンプルなデザイン→スーツと合わせられる

シンプルな無地のデザインなので、スーツと合わせられます。

撥水加工や水が入りにくいファスナーを採用しているので、ビジネス使いも想定されているのでしょう。

もちろん私服に合わせても問題ない洗練されたデザインです。2018年にはmen’s FUDGEで特集されています。

ノートPCが入る&1泊できる容量

1泊出張できるくらいの容量がほしいなと思っていました。

ノートPCもラクラク入るので、これから出張のときは活躍します。

リュックなのでPCの重さが片手にかかることもないです。手さげのバッグだと地味に重いんですよね。

ポケットの写真や容量をレビュー

  • カラー:ブラック / ネイビー / グレーの3種類
  • 素材: ポリエステル100% 撥水加工
  • サイズ:本体 / W 36.0 × H 44.0 × D 10.0 (cm)

背面は全面メッシュ

背中と接する部分はメッシュになっていて、通気性があります。

フロントポケット

止水ファスナーっていうんですかね、ファスナーを閉めると隙間がなくなるようにできています。この仕様はメインポケットにも採用されています。

裏地もグレーでオシャレですね。

左右2つのポケット

外側から開けることができるポケットが左右1つずつあります。

僕は最初左右のポケットがつながっているのかなと思いましたが、独立していました。

写真でも分かりますが、マチ部分のようになっていて奥にファスナーがついているので、一見ポケットだと分からないようになっています。

ネームタグも目立たないのがお気に入りです。

サイド部分のペットボトル入れ

左右にペットボトルを入れることができるポケットがあります。もちろんネット状ではなく、ちゃんと裏地もついています。

555mlのいろはすもピッタリ入りました。(奥に押し込めばラベル部分も隠れます)

メインポケット

メインポケットのファスナーはこんな感じ。「Un coeur」の文字が入っていて、シックな雰囲気です。

メインポケット内にもノートPCや小物を入れるポケットがたくさんあります。

背中側にはノートPCが入るポケット。大小2つあり、真ん中にとめるマジックテープがついています。

手前側には小物用ポケットがあります。

ファスナーがついているポケットもあるので、小物がバッグ内で散らかることもなさそうです。

ゆるふわなまとめ

ブランドコンセプトどおりの、シンプルなデザインでありながら機能性も備えたリュックです。

裏地やファスナーがしっかりしているので、丈夫そうな感じ。長くお世話になりそうです。

おわり

Un coeurはバッグメインのブランドなので、別注TORO Ⅱの他にも数多くのバッグが用意されています。