最適な選択肢を提案するライフブログ

【女子にウケるトーク】会話が弾むコツは「想像させること」

こんにちは、アズキです。

男なら「女の子と何を話していいか分からない…」ってなった経験があるのではないでしょうか。

女の子との話題に困っている、困った経験がある男子に読んでほしいエントリです。

①は、まとめサイトに書かれているような、ありふれた話題例の箇条書きです。女の子との会話のコツとして網羅性をあげるために、ベタな話題についても書きました。

②は、このエントリを書こうと思ったきっかけである、僕独自のコツです。今回紹介したいのは②です。どんな話題についても使えるので、ぜひ頭の片隅に置いておいてほしいです。

①「アニキとタケシがカコ住職」

「アニキとタケシがカコ住職」は、会話の糸口となるキーワードの頭文字をとって語呂あわせにしたもので、「ウケる!トーク術」という本に載っています。

少し長い語呂あわせですが、話題のネタ探しとして覚えておいても損はないかなと思うので紹介します。

  • ア…遊び。趣味の話。
  • ニ…ニュース。テレビやネット、自分のまわりの噂話。
  • キ…季節。季節のイベントの話。
  • と…友達。変わった友達の話。
  • タ…旅。旅行先での出来事。
  • ケ…健康。健康のために気をつけていること。
  • シ…仕事。アルバイト先での出来事。
  • が…学校。珍しい行事、変わった先生の話。
  • カ…家族。姉弟やペットの話。
  • コ…恋人。過去や理想のタイプの彼氏の話。
  • 住…住居。住まいや周りの環境の話。
  • 食…食事。食べものの好き嫌いの話。

話すことが思い浮かばないときに「アニキとタケシがカコ住職」を思い出してみてください。

これは会話の糸口を探す段階、イメージとしては縦(深掘り)ではなく横への展開ですね。相手が興味のある話題は何なのかを探るときに有効です。

面白い人になりたいなら「ウケる技術」がおすすめ

このエントリの趣旨とは少しズレますが、「ウケる!トーク術」は実用性に少し欠けるので、読むなら「ウケる技術」をおすすめします。

”ウケ”というものを分類していて、笑いが起こる発言&行動が上手くパターン化されています。

書かれている「ウケる技術」を1つ紹介すると、「レッテル展開」があります。相手の言動or行動から「あなたは〇〇な人だね」と言ってレッテルを貼ります。そのあと、相手が〇〇っぽい言動or行動したときに「やっぱり〇〇な人だね笑」と伏線回収します。

僕のエピソードを例にあげます。

お酒を飲むスピードが早い女の子に「お酒飲むスピード早いよね」と言ってレッテルを貼ります。で、2杯目に強めなお酒を頼んだら「おー、さすが酒豪!笑」と言うと「だからそんなことないって笑」と笑ってくれるという感じ。応用?として弱めなお酒を頼んだときは「あれ、遠慮しなくていいよ?笑」とツッコむのもアリかもしれません。

他にも汎用性が高い「ウケる技術」が書かれています。女の子を笑わせたい人は読んでみてはいかがでしょうか。

②「もし~だったら、どうする?」

女の子は想像することが大好きです。男と違って占いや心理テストが好きですよね。

占いは未来を想像しますよね。心理テストもシミュレーションみたいなもので、その状況で自分がどう行動するのか想像します。

前置きが長くなりましたが、いよいよ真打登場です。僕が話題選択の1つとして、おすすめするのが

「もし~だったら、どうする?」

です。たとえば、

「もし、ひとり暮らししたらどこに住む?」

「もし、動物飼うなら何飼う?」

といったような感じです。上記の「アニキとタケシがカコ住職」が横への展開なら、想像させるのは縦(深掘り)の展開です。

女の子に想像してもらうだけなんですが、意外と盛り上がります。予想外の返答もけっこうあるので笑

この「想像させる」というコツがいいなと思ったら、チャンネル登録と高評k…じゃなくてまたブログ読みにきてください笑(ウケる技術⑯パロディ)

ゆるふわなまとめ

書いていて思ったけど、男で占いとか心理テストが好きって全然いなくないですか?

男女のコミュニケーションの違いとして、男は結論を求め、女は共感を求めるともよく言いますが、男と女では脳の構造がまったく違うんですね。

おわり