最適な選択肢を提案するライフブログ

PHPファイルをメモ帳で編集したらブログが真っ白になったから、Atomをインストールして修復した。

こんにちは、アズキです。

タイトルで何があったのかほとんど分かると思いますが、このブログが一時期開けなくなりました。久々に焦りました。

でもブロガーには「何かトラブルに遭遇したら、全てネタにしてしまう」精神があります。芸人さんと同じですね笑

自分用の備忘録としても残しておきます。

WordPressの管理画面で編集できない

いつもどおり、ブログの管理画面から外観→テーマの編集→functions.phpを開いて編集しようとしました。

すると、以下のエラー文が出て、編集できませんでした。

「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHP の変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。」

最初は家のWifiの不具合かなと思って、もう1回「ファイルを更新」をクリック。

でも、また同じエラー。

おかしいな、この前まではできていたのにと思いながらも検索してみると、WordPressのアップデートで仕様が変更され、エラーが出るようになったらしい。これだからソフトは気軽にアップデートできないんだよ(怒)

面倒だけど、FTPソフトを起動して編集した

ほー、管理画面で更新できなくなったようだ…

仕方なしにFTPソフトを起動して、ファイルを更新することにしました。

MEMO
FTPソフトとは、サーバーにあるファイルを手元のパソコンにダウンロードしたり、逆に手元のパソコンからアップロードしたりできるソフトです。

僕が使っているのは「FileZilla」というフリーソフト。詳しい仕組みは理解していませんが、僕のような初心者でも問題なく使えています。

サーバーとPCを接続して、functions.phpを編集します。

右クリックで「表示/編集」を選ぶと、メモ帳で開きました。phpファイルなんですけど、php用のソフトがPCに入っていないので。

で、簡単なコードを後ろに付け足して更新。

「更新」したらブログが真っ白に

ふう、上手くいったかなーと当ブログに行ってみたら真っ白。

このときはまだ落ち着いていました。functions.phpは、ちょっとしたコードのミスでも画面が真っ白になると聞いたことがあったので。

再びFTPソフトを起動して、メモ帳で編集したところを消して更新。元に戻して元通りだと思ったら

真っ白なまま。

あれ…?このあたりから焦り始めました笑

まじか…メモ帳で開いて、上書きしたのがまずかったのか…

画面が真っ白になったときは、管理画面も真っ白なのでFTPソフトを使わないと復旧できません。少しの編集だったので、その場のバックアップを怠っていました。

そこで過去のバックアップを開こうとしたら

「あれ、バックアップってどこにあるっけ?」

バックアップが行方不明

自動バックアップの設定はしていましたが、保存先はメモってませんでした(アホ)

プラグインのBackWPupを使っていましたが、管理画面を見ないとバックアップの保存場所が見れません。

すでに管理画面も真っ白だしどうする…

少し考え、メモ帳じゃなくてphpファイルに対応したソフトで編集してみようということで「php 編集ソフト」で検索。

PHPファイルに対応したソフト【Atom】をインストール

とりあえず良さそうな「Atom」というフリーソフトをインストールしました。日本語用のパッケージ(プラグインみたいなもの)をインストールするなどの設定に時間がかかり、焦ります。

設定が終わり、編集したphpファイルをAtomで開いて更新するも、依然とブログは真っ白なまま。

メモ帳で更新したせいで、ファイルがダメになってるじゃん…どうしよ。

ここで僕、ゆっくり考えます。

テーマ購入時の初期状態のファイルが使えることに気づく

テーマを購入した当時のものならPCのダウンロードフォルダにあるな?!と思いつき、それをコピーしてFTPソフトでサーバーにアップロード。

これで無理だったら詰みでは?とドキドキしましたが、トップページが開いたときは「いけたーー!!」と声に出てました。夜中だったけど笑

おかえり、愛しの僕のブログ。

Atom上で編集したら、うまくいった

でもこのままだと、最初に試みた編集ができていません。

せっかくAtomをインストールしたし、もう1回チャレンジするかということで、phpファイルをメモ帳ではなくAtom上で開いて更新しました。

確認したら、編集したところが無事に反映されていました。 やり遂げたよ、最後まで。

ちなみに、デフォルトで開くエディターをメモ帳からAtomに変えることができます。FileZillaの左上の編集→設定→ファイルの編集→「カスタムエディターを使用」を選んで、参照から使うエディターのexeファイルを選択。「常にデフォルトのエディターを使用(A)」を選択して「OK」で完了です。

バックアップの保存先をメモるついでに、BackWPup の設定を追加してDropboxにもバックアップが残るように設定しました。ただDropboxは容量が心配…バックアップ1回あたり3ケタMBは普通なんですかね…

ゆるふわなまとめ

今回の件から俺が得るべき教訓は、バックアップは手元においておけということだー貝木泥舟ー ※嘘です

FTPソフトがあるといっても、接続にはパスワードが必要です。忘れたらジ・エンドかもしれません。

ブログに限らず、大切な写真やデータは、こまめにバックアップを取りましょう…当たり前すぎる笑

おわり